最終更新日:2021-09-07 10:48:51

    このドキュメントでは、Tencent Cloud TRTC SDK for Webをプロジェクトにすばやく統合する方法について説明します。

    サポートするプラットフォーム

    Web端末でTencent Real-Time Communicationを実現するには、ブラウザが完全にWebRTC能力をサポートする必要があります。現在WebRTCをサポートしていることがわかっているブラウザは下表に示すとおりです。

    OS ブラウザ/webview バージョン要件 備考
    iOS Safari 11.1.2 Appleの Safari にいまだに時々bugが見られることから、製品化計画の提案はとりあえず棚上げし、Appleが解決するのを待って使用する、
    このためiOS には、互換性がより優れたWeChatミニプログラムソリューションの使用をお薦めします。
    Android TBS 43600 WeChatおよびモバイルQQのデフォルト内蔵のブラウザのコアは TBSです。
    Android Chrome 60+ H264コーデックをサポートする必要があります。
    Mac Chrome 47+ -
    Mac Safari 11+ -
    Windows(PC) Chrome 52+ -
    説明:

    TBSカーネルに基づくWebViewは、バージョンが ≥ 43600を満足する必要があります。
    ブラウザで WebRTC 能力テスト 画面を開き、 WebRTCを完全にサポートするか検査することができます。例えば、WeChat公式アカウントなどのブラウザ環境。
    Huaweiシステムの Chromeブラウザおよび Chrome WebViewをカーネルとするブラウザは、 H264コーデックをサポートしていません。

    環境要件

    TRTC SDK for Webは、データ転送に次のポートを使用します。これらのポートは、ファイアウォールのホワイトリストに追加する必要があります。

    • TCP ポート:8687
    • UDP ポート:8000、8800、843、443
    • ドメイン名:qcloud.rtc.qq.com

    TRTC SDK for Webの統合

    NPM 統合

    プロジェクトでnpmコマンドを使用してSDKパッケージをインストールします。

    npm install trtc-js-sdk --save
    

    モジュールをプロジェクトスクリプトにインポートします。

    import TRTC from 'trtc-js-sdk';
    

    Script 統合

    次のコードをWebページに追加するだけです。

    <script src="trtc.js"></script>
    

    関連リソース

    SDK ダウンロードアドレス:ここをクリックします

    初期化プロセスおよびAPIの使用紹介の詳細は、以下のガイドをご参照ください。

    機能 Sample Code ガイド
    基礎オーディオ/ビデオ通話 ガイド
    ILVB ガイド
    カメラおよびマイクの切り替え ガイド
    ローカルビデオのプロパティの設定 ガイド
    ローカルオーディオ/ビデオを動的に有効/無効にする ガイド
    画面共有 ガイド
    音量計測 ガイド