TRTCMeeting (Android)

最終更新日:2021-10-12 09:40:10

    TRTCMeetingは、Tencent CloudのTRTCおよびIMサービスを基に組み合わせたコンポーネントで、以下の機能をサポートしています。

    • キャスターがミーティングルームを作成し、参加者はルームナンバーを入力した後にミーティングに参加します。
    • 参加者の間で画面共有を行います。
    • 各種のテキストメッセージとカスタムメッセージの送信をサポートします。

    TRTCMeetingは、1つのオープンソースのClassであり、Tencent Cloudの2つのクローズドソースのSDKに依存しています。具体的な実現プロセスは、多人数ビデオミーティング(Android)をご参照ください。

    • TRTC SDK: TRTC SDK を低遅延のビデオミーティングのコンポーネントとして使用します。
    • IM SDK:IM SDKのMeetingRoomを利用して、ミーティング中のチャットルームの機能を実現します。

    TRTCMeeting API概要

    SDK基本関数

    API 説明
    sharedInstance シングルトンオブジェクトを取得します。
    destroySharedInstance シングルトンオブジェクトを破棄します。
    setDelegate イベントコールバックを設定します。
    setDelegateHandler イベントコールバックが設定されているスレッドです。
    login ログイン。
    logout ログアウト。
    setSelfProfile 個人情報を修正します。

    ミーティングルームに関するインターフェース関数

    API 説明
    createMeeting ルームの作成(キャスターが呼び出し)。
    destroyMeeting ルームの破棄(キャスターが呼び出し)。
    enterMeeting 入室(参加者が呼び出し)。
    leaveMeeting 退室(参加者が呼び出し)。

    リモートユーザーに関するインターフェース

    API 説明
    getUserInfoList ルーム内の全メンバーのリストを取得します。enterMeeting()の成功後に呼び出しが有効となります。
    getUserInfo ルーム内の指定メンバーの詳細情報を取得します。enterMeeting()の成功後に呼び出しが有効となります。
    startRemoteView 指定メンバーのリモートビデオ画面を再生します。
    stopRemoteView リモートビデオ画面の再生を停止します。
    setRemoteViewFillMode ユーザーIDと設定に基づくリモート画像のレンダリングモード。
    setRemoteViewRotation リモート画像の時計回りの回転角度を設定します。
    muteRemoteAudio リモートの指定参加者の音声をミュートにします。
    muteRemoteVideoStream 指定参加者のビデオストリームを非表示にします。

    ローカルのビデオ操作インターフェース

    API 説明
    startCameraPreview ローカルビデオのプレビュー画面を立ち上げます。
    stopCameraPreview ローカルのビデオキャプチャおよびプレビューを停止します。
    switchCamera フロント/リアカメラを切り替えます。
    setVideoResolution 解像度の設定。
    setVideoFps フレームレートの設定。
    setVideoBitrate ビットレートの設定。
    setLocalViewMirror ローカル画面のミラーモードのプレビューを設定します。

    ローカルのオーディオ操作インターフェース

    API 説明
    startMicrophone マイクの集音開始。
    stopMicrophone マイクの集音停止。
    setAudioQuality 音質の設定。
    muteLocalAudio ローカル音声のミュート起動。
    setSpeaker スピーカーの起動設定 。
    setAudioCaptureVolume マイクの集音音量設定。
    setAudioPlayoutVolume 再生音量の設定。
    startFileDumping 録音の開始。
    stopFileDumping 録音の停止。
    enableAudioEvaluation 音量レベルリマインダを有効にします。

    スクリーンキャプチャのインターフェース

    API 説明
    startScreenCapture 画面共有を開始。
    stopScreenCapture 画面キャプチャの停止。
    pauseScreenCapture 画面共有の一時停止。
    resumeScreenCapture 画面共有のリカバー。

    美顔フィルタに関するインターフェース関数

    API 説明
    getBeautyManager 美顔管理オブジェクトTXBeautyManagerを取得します。

    共有に関するインターフェース

    API 説明
    getLiveBroadcastingURL CDN共有のリンク先を取得します。

    メッセージ送信関連インターフェース関数

    API 説明
    sendRoomTextMsg ルーム内でのテキストメッセージのブロードキャストでは、通常、チャットに使用します。
    sendRoomCustomMsg カスタマイズ(シグナリング)メッセージを送信します。

    TRTCMeetingDelegate API概要

    一般的なイベントコールバック

    API 説明
    onError エラーのコールバック。

    ミーティングルームのイベントコールバック

    API 説明
    onRoomDestroy ミーティングルームが破棄された時のコールバック。
    onNetworkQuality ネットワーク状態のコールバック。
    onUserVolumeUpdate ユーザー通話音量のコールバック。

    参加者入退室のイベントコールバック

    API 説明
    onUserEnterRoom 新しい参加者の入室の通知を受信します。
    onUserLeaveRoom 参加者の退室の通知を受信します。

    参加者の音声・ビデオのイベントコールバック

    API 説明
    onUserVideoAvailable 参加者のカメラ・オン/オフの通知。
    onUserAudioAvailable 参加者のマイク・オン/オフの通知。

    メッセージイベントのコールバック

    API 説明
    onRecvRoomTextMsg テキストメッセージの受信。
    onRecvRoomCustomMsg カスタムメッセージの受信。

    スクリーンキャプチャのイベントコールバック

    API 説明
    onScreenCaptureStarted スクリーンキャプチャ開始の通知。
    onScreenCapturePaused スクリーンキャプチャ一時停止のコールバック。
    onScreenCaptureResumed スクリーンキャプチャ再開のコールバック。
    onScreenCaptureStoped スクリーンキャプチャ停止のコールバック。

    SDK基本関数

    sharedInstance

    TRTCMeetingシングルトンオブジェクトを取得します。

    public static synchronized TRTCMeeting sharedInstance(Context context);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    context Context Androidコンテキスト。内部ではApplicationContextに変換してシステムAPIの呼び出しに使用します

    destroySharedInstance

    TRTCMeetingシングルトンオブジェクトを破棄します。

    説明:

    インスタンスを破棄すると、外部キャッシュのTRTCMeeting インスタンスは再利用できなくなります。あらためてsharedInstanceを呼び出し、新しいインスタンスを取得する必要があります。

    public static void destroySharedInstance();
    

    setDelegate

    TRTCMeetingのイベントコールバック。TRTCMeetingDelegate を介して、TRTCMeeting の各種ステータスの通知を取得できます。

    public abstract void setDelegate(TRTCMeetingDelegate delegate);
    
    説明:

    setDelegateはTRTCMeetingのプロキシコールバックです。

    setDelegateHandler

    イベントコールバックが配置されているスレッドを設定します。

    public abstract void setDelegateHandler(Handler handler);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    handler Handler TRTCMeetingの中の各種状態の通知のコールバックは、このhandlerによって通知されます。setDelegateと混用しないでください。

    login

    ログイン。

    public abstract void login(int sdkAppId,
     String userId, String userSig,
     TRTCMeetingCallback.ActionCallback callback);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    sdkAppId int TRTCコンソール >【アプリケーション管理】> アプリケーション情報の中でSDKAppIDを確認できます。
    user String 現在のユーザーID、文字列タイプでは、英語のアルファベット(a-zとA-Z)、数字(0-9)、ハイフン(-)とアンダーライン(_)のみ使用できます。
    userSig String Tencent Cloudによって設計されたセキュリティ保護署名。取得方法についてはUserSigの計算方法をご参照ください。
    callback ActionCallback ログインのコールバック。成功時にcodeは0になります。

    logout

    ログアウト。

    public abstract void logout(TRTCMeetingCallback.ActionCallback callback);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    callback ActionCallback ログアウトのコールバック。成功時にcodeは0になります。

    setSelfProfile

    個人情報の修正。

    public abstract void setSelfProfile(String userName, String avatarURL, TRTCMeetingCallback.ActionCallback callback);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    userName String ニックネーム。
    avatarURL String プロフィール画像のアドレス。
    callback ActionCallback 個人情報設定のコールバック。成功時のcodeは0です。

    ミーティングルームに関するインターフェース関数

    createMeeting

    ミーティングの作成(キャスターの呼び出し)。

    public abstract void createMeeting(int roomId, TRTCMeetingCallback.ActionCallback callback);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    roomId int ミーティングルームIDは、ご自身でアサインし、一元管理する必要があります。
    callback ActionCallback ルームの作成結果のコールバック。成功時にcodeは0になります。

    キャスターの通常の呼び出しフローは以下のとおりです。

    1. 【キャスター】createMeeting()を呼び出し、ミーティングを作成します。ミーティングルーム作成の成功の有無が、 ActionCallbackでキャスターに通知されます。
    2. 【キャスター】startCameraPreview()を呼び出し、カメラのプレビューを起動します。この時美顔パラメータを調整できます。
    3. 【キャスター】startMicrophone()を呼び出し、マイクキャプチャを起動します。

    destroyMeeting

    ミーティングルームを破棄します(キャスターが呼び出し)。キャスターは、ミーティング作成後、この関数を呼び出してミーティングを破棄できます。

    public abstract void destroyMeeting(int roomId, TRTCMeetingCallback.ActionCallback callback);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    roomId int ミーティングルームIDは、ご自身でアサインし、一元管理する必要があります。
    callback ActionCallback ルームの破棄結果のコールバック。成功時にcodeは0になります。

    enterMeeting

    ミーティングに参加します(参加者が呼び出し)。

    public abstract void enterMeeting(int roomId, TRTCMeetingCallback.ActionCallback callback);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    roomId int ミーティングルームID。
    callback ActionCallback 入室結果のコールバック。成功時にcodeは0になります。

    参加者がミーティングに参加する通常の呼び出しフローは以下のとおりです。

    1. 【参加者】enterMeetingを呼び出し、roomIdを渡すと、ミーティングルームに参加できます。
    2. 【参加者】startCameraPreview()を呼び出して、カメラのプレビューを起動し、startMicrophone()を呼び出し、マイクキャプチャを起動します。
    3. 【参加者】onUserVideoAvailableのイベントを受信します。startRemoteView(userId)を呼び出し、メンバーのuserIdを渡して再生を開始します

    leaveMeeting

    ミーティングから退出します(参加者が呼び出し)。

    public abstract void leaveMeeting(TRTCMeetingCallback.ActionCallback callback);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    callback ActionCallback 退室結果のコールバック。成功時にcodeは0になります。

    リモートユーザーに関するインターフェース

    getUserInfoList

    ルーム内の全メンバーのリストを取得します。enterMeeting()の成功後に呼び出しが有効となります。

    public abstract void getUserInfoList(TRTCMeetingCallback.UserListCallback userListCallback);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    userListCallback UserListCallback ユーザーの詳細情報のコールバック。

    getUserInfo

    ルーム内の指定メンバーの詳細情報を取得します。enterMeeting()の成功後に呼び出しが有効となります。

    public abstract void getUserInfo(String userId, TRTCMeetingCallback.UserListCallback userListCallback);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    userId String ユーザーID。
    userListCallback UserListCallback ユーザーの詳細情報のコールバック。

    startRemoteView

    指定メンバーのリモートビデオ画面を再生します。onUserVideoAvailable()がtrueのコールバックの時、このインターフェースを呼び出します。

    public abstract void startRemoteView(String userId, TXCloudVideoView view, final TRTCMeetingCallback.ActionCallback callback);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    userId String 再生が必要なユーザーのID。
    view TXCloudVideoView ビデオ画像をロードするviewウィジェット。
    callback ActionCallback 操作コールバック。

    stopRemoteView

    リモートビデオ画面の再生を停止します。onUserVideoAvailable()がfalseのコールバックの時、このインターフェースを呼び出します。

    public abstract void stopRemoteView(String userId, final TRTCMeetingCallback.ActionCallback callback);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    userId String 再生停止が必要なユーザーのID
    callback ActionCallback 操作コールバック。

    setRemoteViewFillMode

    ユーザーidと設定に基づくリモート画像のレンダリングモード。

    public abstract void setRemoteViewFillMode(String userId, int fillMode);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    userId String ユーザーID。
    fillMode int FILLまたはFITモード。デフォルト値:フィル(FILL)。詳細については、TRTC SDKをご参照ください。

    setRemoteViewRotation

    リモート画像の時計回りの回転角度を設定します。

    public abstract void setRemoteViewRotation(String userId, int rotation);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    userId String ユーザーID。
    rotation int 時計回りの回転角度。詳細については、TRTC SDKをご参照ください。

    muteRemoteAudio

    リモートの音声をミュートにします。

    public abstract void muteRemoteAudio(String userId, boolean mute);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    userId String ユーザーID。
    mute boolean true:ミュート起動、false:ミュート停止。

    muteRemoteVideoStream

    指定参加者のビデオストリームを非表示にします。

    public abstract void muteRemoteVideoStream(String userId, boolean mute);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    userId String ユーザーID。
    mute boolean true:非表示;false:非表示の解除。

    ローカルのビデオ操作インターフェース

    startCameraPreview

    ローカルビデオのプレビュー画面を立ち上げます。

    public abstract void startCameraPreview(boolean isFront, TXCloudVideoView view);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    isFront boolean true:フロントカメラ;false:リアカメラ。
    view TXCloudVideoView ビデオ画像をロードするウィジェット。

    stopCameraPreview

    ローカルのビデオキャプチャおよびプレビューを停止します。

    public abstract void stopCameraPreview();
    

    switchCamera

    フロント/リアカメラを切り替えます。

    public abstract void switchCamera(boolean isFront);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    isFront boolean 前後カメラを切り替えます。true:フロントカメラ;false:リアカメラ。

    setVideoResolution

    解像度の設定

    public abstract void setVideoResolution(int resolution);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    resolution int ビデオの解像度。詳細については、TRTC SDKをご参照ください。

    setVideoFps

    フレームレートの設定

    public abstract void setVideoFps(int fps);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    fps int ビデオキャプチャのフレームレート。
    説明:

    【推奨する値】 15fpsまたは20fps。5fps以下ではラグ感が顕著。10fps以下では軽微なラグ感があります。20fps以上は高すぎて浪費になります(映画のフレームレートは24fps)。

    setVideoBitrate

    ビットレートの設定

    public abstract void setVideoBitrate(int bitrate);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    bitrate int ビットレート。SDKは、目標ビットレートに応じてエンコードを行い、ネットワークの状態が良くない場合のみ、ビデオビットレートを動的に引き下げます。詳細については、TRTC SDKをご参照ください。
    説明:

    【推奨する値】本TRTCVideoResolutionの各クラスに注記する最適ビットレートをご参照ください。これをもとにより高いレートに適宜調整することも可能です。例えば、TRTC_VIDEO_RESOLUTION_1280_720に対応する目標ビットレートが1200kbpsであるならば、設定を1500kbpsにし、より鮮明な画像を得ることができます。

    setLocalViewMirror

    ローカル画面のミラーモードのプレビューを設定します

    public abstract void setLocalViewMirror(int type);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    type int イメージモード。詳細については、TRTC SDKをご参照ください。

    ローカルのオーディオ操作インターフェース

    startMicrophone

    マイクの集音開始

    public abstract void startMicrophone();
    

    stopMicrophone

    マイクの集音停止

    public abstract void stopMicrophone();
    

    setAudioQuality

    音質の設定

    public abstract void setAudioQuality(int quality);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    quality int 音質。詳細については、TRTC SDKをご参照ください。

    muteLocalAudio

    ローカルのオーディオのミュート/ミュート取り消し

    public abstract void muteLocalAudio(boolean mute);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    mute boolean ミュート/ミュート取り消し。詳細については、TRTC SDKをご参照ください。

    setSpeaker

    スピーカーの起動設定

    public abstract void setSpeaker(boolean useSpeaker);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    useSpeaker boolean true:スピーカー false:ヘッドホン

    setAudioCaptureVolume

    マイクの集音音量設定

    public abstract void setAudioCaptureVolume(int volume);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    volume int 集音音量、0-100、 デフォルト100。

    setAudioPlayoutVolume

    再生音量の設定

    public abstract void setAudioPlayoutVolume(int volume);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    volume int 再生音量、0-100、 デフォルト100。

    startFileDumping

    録音の開始

    public abstract void startFileDumping(TRTCCloudDef.TRTCAudioRecordingParams trtcAudioRecordingParams);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    trtcAudioRecordingParams TRTCCloudDef.TRTCAudioRecordingParams 録音パラメータ。詳細については、TRTC SDKをご参照ください。
    説明:

    この方法で呼び出した後、 SDKは通話プロセスの中のすべての音声(ローカル音声、リモート音声、BGMなど)を1つのファイルにレコーディングします。ルームに参加しているか否かにかかわらず、このインターフェースを呼び出せば有効となります。exitMeetingを呼び出した時に録音中であれば、録音は自動的に停止します。

    stopFileDumping

    録音の停止

    public abstract void stopFileDumping();
    

    enableAudioEvaluation

    音量レベルリマインダを有効にします

    public abstract void enableAudioEvaluation(boolean enable);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    enable boolean true オン false オフ。
    説明:

    有効化すると、onUserVolumeUpdateの中でSDKの音量のボリュームに対する評価を取得できます。

    スクリーンキャプチャのインターフェース

    startScreenCapture

    画面共有を開始。

    public abstract void startScreenCapture(TRTCCloudDef.TRTCVideoEncParam encParams, TRTCCloudDef.TRTCScreenShareParams screenShareParams);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    encParams TRTCCloudDef.TRTCVideoEncParam 画面共有時のエンコードパラメータを設定します。上記の推奨設定を採用することをお勧めします。encParamsにnullを指定した場合、startScreenCaptureを呼び出す前のエンコードパラメータ設定が使用されます。
    screenShareParams TRTCCloudDef.TRTCScreenShareParams 画面共有の特殊なレイアウト設定については、その中のfloatingViewの設定を推奨します。一方で、Appがシステムから強制排除されるのを回避でき、もう一方で、ユーザーのプライバシー保護にも役立ちます。
    説明:

    詳細については、TRTC SDKをご参照ください。 |

    stopScreenCapture

    画面キャプチャの停止。

    public abstract void stopScreenCapture();
    

    pauseScreenCapture

    画面共有の一時停止。

    public abstract void pauseScreenCapture();
    

    resumeScreenCapture

    画面共有のリカバー。

    public abstract void resumeScreenCapture();
    

    共有のインターフェース

    getLiveBroadcastingURL

    CDN共有のリンク先を取得します。

    public abstract String getLiveBroadcastingURL();
    

    戻り値は下表に示すとおりです。

    戻り値 タイプ 意味
    url String CDN共有のリンク先。

    美顔フィルタに関するインターフェース関数

    getBeautyManager

    美顔管理オブジェクト TXBeautyManagerを取得します。

    public abstract TXBeautyManager getBeautyManager();
    

    美顔管理では、次の機能を使用できます。

    • 「美顔のスタイル」、「美白」、「肌色補正(血色・つや感)」、「デカ眼」、「顔痩せ」、「V顔」、「下あご」、「面長補正」、「小鼻」、「キラキラ目」、「白い歯」、「目の弛み除去」、「シワ除去」、「ほうれい線除去」などの美容効果を設定します。
    • 「髪の生え際」、「眼と眼の距離」、「眼角度」、「唇の形」、「鼻翼」、「鼻の位置」、「唇の厚さ」、「顔の形」を調整します。
    • 人の顔のスタンプ(素材)等のダイナミック効果を設定します。
    • メイクアップを追加します。
    • ジェスチャー認識を行います。

    メッセージ送信関連インターフェース関数

    sendRoomTextMsg

    ルーム内でテキストメッセージを発信します。

    public abstract void sendRoomTextMsg(String message, TRTCMeetingCallback.ActionCallback callback);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    message String テキストメッセージ。
    callback ActionCallback 送信結果のコールバック。

    sendRoomCustomMsg

    カスタマイズしたテキストメッセージを送信します。

    public abstract void sendRoomCustomMsg(String cmd, String message, TRTCMeetingCallback.ActionCallback callback);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    cmd String コマンドワードは、開発者がカスタマイズします。主にさまざまなメッセージタイプを区別するために使用されます。
    message String テキストメッセージ。
    callback ActionCallback 送信結果のコールバック。

    TRTCMeetingDelegateイベントコールバック

    一般的なイベントコールバック

    onError

    エラーのコールバック。

    説明:

    SDKのリカバリー不能なエラーは必ず監視し、状況に応じてユーザーに適切なインターフェースプロンプトを表示します。

    void onError(int code, String message);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    code int エラーコード。
    message String エラー情報。

    ルームイベントのコールバック

    onRoomDestroy

    ルームが破棄された時のコールバック。キャスターがルームを退出する時、ルーム内の全ユーザーがこの通知を受信します。

    void onRoomDestroy(String roomId);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    roomId String ルームID。

    onNetworkQuality

    ネットワーク状態のコールバック。

    void onNetworkQuality(TRTCCloudDef.TRTCQuality localQuality, List<TRTCCloudDef.TRTCQuality> remoteQuality);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    localQuality TRTCCloudDef.TRTCQuality アップストリームネットワークの品質。
    remoteQuality List&dxlt;TRTCCloudDef.TRTCQuality&dxgt; ダウンストリームのネットワーク品質。
    説明:

    詳細については、TRTC SDKをご参照ください。 |

    onUserVolumeUpdate

    音量レベルリマインダを有効にして、各メンバーの音量を通知します

    void onUserVolumeUpdate(String userId, int volume);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    userId String ユーザーID。
    volume int 音量の大きさ。値:0~100。

    参加者入退室のイベントコールバック

    onUserEnterRoom

    新しい参加者の入室の通知を受信します。

    void onUserEnterRoom(String userId);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    userId String ルームの新たな参加者のユーザーID。

    onUserLeaveRoom

    参加者の退室の通知を受信します。

    void onUserLeaveRoom(String userId);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    userId String 退室する参加者のユーザーID

    参加者の音声・ビデオのイベントコールバック

    onUserVideoAvailable

    参加者のカメラ・オン/オフの通知。

    void onUserVideoAvailable(String userId, boolean available);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    userId String ユーザーID。
    available boolean true:ユーザーがカメラをオンにします。false:ユーザーがカメラをオフにします。

    onUserAudioAvailable

    参加者のマイク・オン/オフの通知。

    void onUserAudioAvailable(String userId, boolean available);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    userId String ユーザーID。
    available boolean true:ユーザーがマイクをオンにします。false:ユーザーがマイクをオフにします。

    メッセージイベントのコールバック

    onRecvRoomTextMsg

    テキストメッセージの受信。

    void onRecvRoomTextMsg(String message, TRTCMeetingDef.UserInfo userInfo);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    message String テキストメッセージ。
    userInfo TRTCMeetingDef.UserInfo 送信者のユーザー情報。

    onRecvRoomCustomMsg

    カスタムメッセージの受信。

    void onRecvRoomCustomMsg(String cmd, String message, TRTCMeetingDef.UserInfo userInfo);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    cmd String コマンドワード。開発者がカスタマイズします。主にさまざまなメッセージタイプを区別するために使用されます。
    message String テキストメッセージ。
    userInfo TRTCMeetingDef.UserInfo 送信者のユーザー情報。

    スクリーンキャプチャのイベントコールバック

    onScreenCaptureStarted

    スクリーンキャプチャ開始の通知。

    void onScreenCaptureStarted();
    

    onScreenCapturePaused

    スクリーンキャプチャ一時停止の通知。

    void onScreenCapturePaused();
    

    onScreenCaptureResumed

    スクリーンキャプチャ再開の通知。

    void onScreenCaptureResumed();
    

    onScreenCaptureStoped

    スクリーンキャプチャ停止の通知。

    void onScreenCaptureStopped(int reason);
    

    パラメータは下表に示すとおりです。

    パラメータ タイプ 意味
    reason int 停止の理由。0:ユーザーの自発的な停止。1:その他アプリケーションに占有されたことによる停止。