Anycast Internet Acceleration

グローバルをカバーする動的加速ネットワークにより、インターネットアクセスの安定性・信頼性を高め、レイテンシーを抑えることを実現しています。

Anycast インターネット加速 AIA概要

Anycast インターネット加速(Anycast Internet Acceleration、AIA)はグローバルをカバーしている動的加速ネットワークであるため、お客様のビジネスにおけるインターネットアクセス体験を大幅に向上することができます。ほかのアプリケーションレイヤー加速サービスとは違い、AIAはIP伝送の品質最適化とマルチエントリーの最寄り接続方式を実現することにより、ネットワーク伝送のジッタ及びパッケージロスを減少し、最終的にクラウドにおけるアプリケーションのサービス品質・サービス範囲を向上し、バックエンドのデプロイを簡略化にすることができます。

特徴

低いレイテンシー

AIAはAnycast方式でIPを同時に複数のリージョンにリリースします。リクエストパッケージは伝送プロトコルにより最適化したIPリリースリージョンに届き、優先的にテンセントクラウドに入ってから、テンセントクラウドのプライベートネットワーク専用回線によりホストに到達し、インターネットの輻輳を避けることにより、レイテンシーを減少する効果を実現します。

高い信頼性

インターネット通信は信頼性の低い通信であり、キャリアの回線中断によるアクセス不可に対しては、一般的なユーザはリカバーすることを待つしかありません。AIAを利用すると、テンセントクラウドのプライベートネットワーク、キャリアネットワーク、テンセントクラウドのPOPポイントによりマルチパス・マルチエントリーを実現し、単一リージョンや単一回線の故障を回避し、ネットワークの安定性を向上することができます。

ネットワークジッタの削減

インターネットリンクの性能の不安定はサービス体験を不安定なものにさせています。例えば、南北問題、国境を超える問題などはネットワークジッタを引き起こします。一方で、専用回線の通信性能は安定的です。AIAはリクエストを最寄りのテンセントクラウドに接続させ、プライベートネットワークの専用回線を利用しクロスリージョンによる伝送を実現することにより、インターネットジッタの問題を完璧に解決しています。

簡略化したデプロイ

お客様が複数のリージョンに散在し、最寄りに接続する必要のあるサービスは通常デプロイが複雑であり、複数リージョンで設備を配置しDNSを設定することによりロードバランスを実現し、リージョンによりIPを区分けする必要があります。AIAを使用すると、IPレイヤからリージョンの属性を抑え、リージョンごとにIPを設定する必要がありません。その同時に、バックエンドでのメンテナンスを一つのロジックだけで実現し、各リージョンのリクエストを直接に専用回線で加速しバックエンドサーバーに伝送することができます。

全体的なロードバランス

Anycast方式でIPを同時に複数のリージョンにリリースし、リクエストパッケージは伝送プロトコルにより最適化したIPリリースリージョン(通常は最寄りのリージョン)に届くことにより、全体的なロードバランスを実現しています。トラフィック系のアタックが起こった場合、IPは複数のリージョンにリリースされているため、トラフィック分散の効果をも実現しています。

使いやすい

AIAはよくあるIP操作をサポートしているため、加速型ElasticインターネットIPを購入すればよく、使用するハードルが低いです。インターネット帯域幅の速度制限のカスタマイズをもサポートしているため、コスト又はサーバー(CVM)の処理速度により帯域幅上限を設定することが便利です。トラフィック監視をもサポートしているため、遡りや分析が可能となります。バインディングとバインディング解除をサポートしているため、バックエンドのリソース変更にも便利です。

応用シナリオ

ゲーム加速

AnycastのIPはゲーム加速の役割を果たすことができます。ゲームリクエストは最寄りのテンセントクラウドにアクセスし、テンセントクラウドのプライベートネットワーク専用回線を通じゲームサーバーに届くことにより、通すインターネットパスを大幅に短縮し、レイテンシーやジッタ、パッケージロスを減少しています。また、従来の加速と比べては、IPエントリーは余計なトラフィック受信デバイスを配置する必要がなく、さらにIPはリージョンごとに分けられる必要がないため、DNS設定を簡易化しています。

ビデオライブブロードキャストインタラクティブ

ビデオライブブロードキャストのユースケースについては、クロスリージョン伝送の場合には、動画と音声の高品質、およびディレーのないことが必要です。これにより、ライブブロードキャストプラットフォームが複数リージョンをカバーする専用回線及びアクセスポイントを構築することが要求されています。ライブブロードキャストプラットフォームはAIAサービスを利用することにより、直接にテンセントクラウドのバックボーンネットワークとPOPポイントを利用し、ライブブロードキャストユーザにサービスを提供することができ、専用回線ネットワークを別途に構築する必要がありません。

金融サービス

証券のシーンでは、非常に高いリアルタイム性が必要であり、不安定なインターネット伝送は明らかに要求を満たすことができません。このようなアプリケーションのアクセスレイヤーがAnycastのIPとバインディングし、テンセントクラウド内部のプライベートネットワーク伝送により複数のリージョンをカバーすることを実現します。その同時に、AIAサービスは複数リージョンの同一IP利用の技術を実現しており、IP関連の審査業務(例えば、ICP申告、金融監視部門登録など)を簡略化しています。

セキュリティサービス

セキュリティクリーニングサービスプロバイダー、ゲーム、大型ウエブサイトのアプリケーションはSyn Flood、ICMP Floodなどの色々なトラフィックアタックをよく受けています。一般的なインターネットIPは単一リージョンでリリースされているため、全てのトラフィックアタックが一つの出入り口に集中されてしまいます。AIAを使用すると、IPは複数リージョンに同時にリリースされることができ、DNS設定を変更する必要がなく、アタックトラフィックは各エントリーに誘導され消化されます。

料金

Anycast ElasticインターネットIPの生成したトラフィックは加速トラフィックと呼ばれています。加速トラフィックに対しては、帯域幅により課金しており、単価は通常のインターネットより高いです。仮に、一つのアカウントが複数のAnycast ElasticインターネットIPを購入した場合、同アカウントのAnycast ElasticインターネットIPで発生したトータルトラフィック曲線に対し95%のデスパイキングを行います。その結果が86.5 Mbpsだとすると、かける単価(168元/Mbps * 月)で最終料金は14532元(テスト期間の割引を含まない)になります。もっと詳しく

開発者リソース