API Gateway

API Gatewayは、APIホスティングのサービスです。作成、メンテナンス、リリース、実行、オフラインなどを含むAPIのライフサイクル全体の管理を提供します。

概要

API Gatewayは、APIホスティングのサービスです。作成、メンテナンス、リリース、実行、オフラインなどを含むAPIのライフサイクル全体の管理を提供します。 API Gatewayを使用して、サービスをカプセル化することで、データ、サービス論理、または機能を安全かつ信頼性のある状態でオープンできます。これにより、独自のシステム統合、およびパートナーとのサービス接続が実現されます。

特徴

利用の簡易性

API Gatewayはコンソールで構成するか、またはTencent Cloud のAPI Gatewayを使用して構成できます。デプロイのためにデバイスを別途構成する必要がありません。必要に応じて、Tencent Cloudの提供するドキュメントを使用して迅速に構成できます。

メンテナンスの簡易性

Tencent Cloud API Gatewayは、リソース管理、テナント隔離、アクセス制御などの可視的な監視と多様なオペレーティングシステム機能を備えており、オペレーティングシステムへの負荷を軽減します。

高い信頼性

API Gatewayはクラスターでデプロイできるため、障害が発生したゲートウェイのノードに対して、フェイルオーバーを迅速に実行できます。これにより、サービスの信頼性が確保されます。

低いコスト

API Gatewayの価格設定は競争力に優れており、アプリケーションのプログラミングインターフェースの呼び出し回数と生成されたトラフィックに基づいて課金されます。

機能

APIライフサイクル全体の管理

APIの作成、構成、修正、テスト、稼働、実行および停止を含むライフサイクル全体の管理機能をサポートします。

APIのリリースを簡易化し、テスト、プレリリース、およびリリースの3つの環境を提供することで、指定した環境をいつでも特定のバージョンにロールバックできます。

ユースケース

マイクロサービスの統合

API Gatewayは、マイクロサービスのREST APIをカプセル化できます。これにより、API Gatewayを介してAPIを呼び出し、API Gatewayで身分認証および監視を一括で行います。 また、API Gatewayは、外部に公開されたAPIを制御することで、セキュリティリスクを軽減できます。

外部端末間の連携

API Gatewayにより、バックエンドのサービスを使用して各種の端末にサービスを提供できます。

プロトコルの自己適応と変換により、端末ごとに異なるプロトコルの要件を満たすことが可能です。

また、異なる端末に別々の権限を付与することにより、バックエンドのサービスを調整または構成する必要がなくなります。

サービスの統合

API Gatewayは、サービスのサブモジュールAPIを統合できます。 その集約サービスにより、開発者は潜在的なリソースと機能ではなく、サービスのイテレーションに集中でき、作業全体の効率化が可能になります。

機能の提供および販売

コンピューティング、データ、機能などをAPIの形で提供します。

市場を経由して、開発者、連携パートナー、およびサードパーティーに機能を販売し、収益を獲得します。

料金

Tencent Cloud API Gatewayの料金には、呼び出し回数の料金とトラフィック料金の2つの部分が含まれます。呼び出し回数の料金とトラフィック料金は両方とも時間単位で後払いとなります。1時間ごとに発生した料金を精算し、請求書を出力します。Tencent Cloud コンソールで請求書を確認することができます。具体的な手順については、消費の詳細をご参照ください。

注:Tencent Cloud API Gatewayを使用するユーザーは、無料枠を楽しむことができます。詳細については、無料枠をご参照ください。