Batch Compute

インテリジェント的にリソースを呼び出すことにより、任意規模のジョブを処理する低コストの分散式コンピューティングプラットホームである

BatchComputeの概要

BatchComputeはビッグデータコンピューティングビジネスを取り扱う企業及び科学研究機構のために、ハイコストパフォーマンスで且つ利用しやすいコンピューティングサービスを提供しています。BatchComputeはユーザー提示のバッチ処理規模により、ジョブを管理し、必要となる最適化したリソースをスケジューリングすることが可能です。Batch処理により、ユーザーがデータ結果の分析・処理に集中できるようになります。

特徴

完全なホスティング

ユーザーはバッチコンピューティング中のリソース・プロセススケジューリングを完全にBatchComputeにホスティングすることができます。ユーザーがコンピューティングジョブをカスタマイズしサブミットしてから、BatchComputeのコンピューティング作動状態を確認すればいいです。コンピューティングに使われるCVMの新規作成と廃棄、コンピューティング環境のデプロイと実行、オリジナルデータと結果の保存管理は、完全にBatchサービスにより処理されます。

コストの最適化

タスク数とリソースのリクエストにより、ユーザーがバッチ処理タスクのために新規作成したコンピューティングリソースをダイナミックに設定したり柔軟に拡張したりすることができことにより、リソースの利用コストを下げると同時に、Batchの事前投資コストがゼロですので、ユーザーはよりやすいコストでより十分にリソースを利用し、コンピューティングジョブを実行することができます。

強力で利用しやすい

多くのアシスタント機能を提供することにより、ユーザーのコンピューティングジョブのカスタマイズとサブミットに貢献しています。例えば色々な実行方法の定義、コンピューティングプロセスの設計、状態監視などです。BatchComputeサービスはCOSサービスのようなほかのクラウドサービスと密に連携しています。コンピューティングデータからバッチ処理の取得、コンピューティングジョブの提示と実行、コンピューティング結果のアップロードの三つの段階においてはワンストップ式のクローズドループのサービスを提供しています。

機能

Batchはシステムのリソース管理の自動的遂行、ジョブスケジューリング及びデータロードなど色々な強力な機能を提供することにおり、利用効率を大幅に高めています。
詳細なタスク定義

Batchを使うには、ユーザーはバッチ処理タスクが必要となるCVMコンフィグレーション、イメージ及び実行用のソースコード・コマンドを指定する必要があります。Batchはコンフィグレーション情報におりリソースをスケジューリングしコンピューティングタスクを起動します。

CVMコンフィグレーションを定義

CVMのCPU、メモリ、ディスク容量などの情報を指定します。

実行イメージを定義

バッチ処理タスクの依存する実行環境を指定します。CVMイメージとDockerの方式による実行環境の指定をサポートします。

コマンドラインとパラメータを実行

BatchはCVMを新規に作成してイメージをデプロイした後に、ユーザー指定のコマンドラインを実行し、ユーザー設定のパラメータを追加します。

ユースケース

生命科学

デジタルメディア

データの加速と自動化処理を実現するために、メディアとエンタティンメントカンパニーは高度化の拡張可能なBatchComputeリソースが必要です。Tencent CloudのBatchはユーザーのために自動化コンテンツレンダリング作業ラインの機能を提供しています。ユーザーは自分のレンダリング依存プロセスを構築できる同時に、Batchの大量リソースとジョブスケジューリング能力によりビジュアルクリエーティブ作業を効率よく実現することが可能です。

料金

BatchComputeサービスそのものは完全に無料です。

BatchComputeスケジューリングジョブの実行中には、ユーザーのコンフィグレーションによりCVMインスタンスを新規作成します。新規作成されたCVMインスタンスはCVMの従量課金モードにより課金されます。