CVM Dedicated Host

リソース専用、物理的に隔離のクラウドコンピューティングサービスにより、リソース専用、セキュリティ、コンプライアンスのニーズを満たします

概要

CVM Dedicated Host(CDH)はユーザー専用の物理的サーバーリソースを提供することにより、リソース専用、リソースの物理的な隔離、セキュリティ、コンプライアンスのニーズを満たします。CDHはTencent Cloud仮想化システムを搭載しています。購入していただくと、それで複数のカスタマイズした仕様のCVMインスタンスを柔軟に新規作成・管理し、自主的に物理的リソースの利用を計画することができます。

特徴

リソース専用

CDHは物理マシンレベルの専用リソースを提供します。自主的にホスト内のリソース利用を計画することにより、ほかのテナントとのリソース競争を避けることができます。Tencent Cloudのコンソール又はAPIインターフェースにより、数分間で迅速にCDHを購入できます。

セキュリティ・コンプライアンス

CPU、メモリ、ディスク、ネットワークリソースはシングルテナント専用になります。物理マシンレベルのリソース隔離により、機密業務データのプロテクション、ディスク消磁機能を提供し、金融業界の厳しい監督・管理要求を満たします。

自主的で柔軟性がある

ユーザは指定したCDHでCVMを振分け、自主的にホストリソースの利用を計画することができます。インスタンス仕様のカスタマイズをサポートすることにより、柔軟に構成し、CVM仕様の制限を無くし、業務性能を保証する同時に、物理的サーバーリソースを十分に利用します。

CVMの特徴を備えている

専用CVM、即ちCDHで新規作成したCVMは、イメージ、セキュリティグループ、コンフィグレーション調整、SSHキーなどをサポートし、各機能・特徴の利用方式も一般的なCVMと同じです。

アセットライト

オンデマンド購入、分レベルのデリバリー、Tencent Cloudの統一標準のメンテナンス管理サービスにより、リソースの安定した運行を保証します。顧客は基盤のメンテナンスを注目する必要がないことにより、人力・メンテナンスコストを節約し、コアビジネスに集中することが可能となります。

機能

CDHは仮想化環境を搭載した物理的サーバーを提供しています。購入していただくと、それで多種類のカスタマイズした仕様の専用型CVMを柔軟に新規作成・管理することが可能となります。
ホストタイプ

豊かなモデルコンフィグレーション

現在、CDHは標準型、メモリ型、コンピューティング型、高IO型の4種類のモデルをサポートしています。

標準型:バランスの取れたコンピューティング、メモリとネットワークリソースにより、大部分のユースケースにおけるアプリケーションリソースニーズを満たすことができます。

メモリ型:大容量メモリの特徴があり、高性能データベース、分散式メモリキャッシュなど、大容量メモリで操作、検索やコンピューティングを行う必要のあるアプリケーションにしています。

コンピューティング型:最大のシングルコアコンピューティング性能を備えています。バッチ処理、高性能コンピューティングや大型ゲームサーバなど、集中的にコンピューティングを取り扱うアプリケーションに適しています。

ハイIO型:ランダム性の高いIOPS、高スループット、低アクセスレイテンシーなどの特徴があり、ディスクへの書き込み及びレイテンシーに対する要求の高い高性能データベースなどのI/O集中型アプリケーションに適しています。

柔軟的な新規作成及びコンフィグレーション調整

一つ、複数CDHなどの方式を指定しCVMを新規作成することをサポートし、CVMは仕様の制限がない、ホストリソースによりカスタマイズし、リソースの計画と分配を自主的に効率よく行うことが可能です。豊かなコンピューティング、ネットワークやディスクの選択と調整を提供しています。現在CDHにおけるCVMのCPU、メモリのアップグレード、ダウングレード、及びディスクコンフィグレーションのアップグレードをサポートしています。

マルチリージョン、マルチアベイラビリティーゾーン

Tencent Cloud Virtual Machineのホスティングデータセンターは世界中の多くのリージョンに分散しています。ターゲット顧客に最寄りのリージョンを選びCDHをデプロイすることができることにより、アクセスレイテンシーを大幅に下げ、業務体験を向上します。

各リージョンには複数の相互隔離のアベイラビリティーゾーンがあります。業務に対し高い災害復帰能力が必要である場合は、CDHインスタンスを同じリージョンの異なるアベイラビリティーゾーンにデプロイし、アプリケーションが一つのアベイラビリティーゾーンの障害に影響されないことを保証することができます。

ユースケース

金融業務ケース

金融業務はコンプライアンス性を厳しく要求することが多いです。ユーザは業務をCDHのCVMにデプロイし、リソースを共有する同時にほかのユーザのCVMと物理的に隔離することを保証し、機密業務データのプロテクション、ディスク消磁の要求を満たせます。

高性能業務ケース

高性能業務ケース、ケース説明、ゲームライブブロードキャストなど、性能の安定性に対し高い要求される業務ケースでは、CDHを使うことにより、物理的サーバーリソースの専用を保証し、ユーザーが自分からCDHにおける業務デプロイを計画し、リソースを十分に利用する同時にリソースの奪い合いを避けることができます。