Cloud Load Balancer

安全かつ安定で、弾力性(Elastic)のあるスケーラブルなトラフィック配信サービスであり、単一障害点を解消することでシステムの可用性を向上させる

Cloud Load Balancer CLB 概要

Cloud Load Balancer(CLB)は安全で迅速なトラフィック配信サービスを提供し、アクセス トラフィックをCLB経由で自動的にクラウド内の複数のCloud Virtual Machineに分配することができます。システムのサービス能力を拡張すると同時に単一障害点を解消します。Cloud Load Balancerは億級の接続と千万級の並列処理をサポートし、大規模なアクセストラフィックを簡単に対応でき、利用者のビジネスニーズを満たします。

特徴

高性能

CLB シングル クラスター(単一のCLBインスタンスではない)は、最大の並列接続数は1.2億を超えて、最大で40Gbpsのトラフィック帯域幅を処理でき、秒あたりは600万パケットのデータ量を処理できます。日単位のアクセス数が千万を超えるECウエブサイト、ソーシャルプラットフォーム、ゲームビジネスなどのニーズに対して簡単に対応できます。

高可用性

CLBクラスター セットは4台の物理サーバーから構成され、CLBの可用性は99.95%に達しています。一つのCLBインスタンスだけ利用可能な極端な状況でも、3000万以上の並列接続数を対応できます。同時に、クラスターシステムはタイムリーに障害になったインスタンスを外し、健全なインスタンスを選別して、バックエンドサーバーの業務を正常に実行できることを保証します。

弾力性(Elastic)のあるスケーリング

CLBクラスターは、業務負荷に合わせてスケールアウトを行い、アプリケーションの外部へのサービス機能を弾力的(Elastic)に拡張します。同時に、Auto Scalingのダイナミック スケーリンググループを利用して、自動的にCVM インスタンスを作成・リリースします。動的に状況をモニタリングすることと秒レベルの課金システムとの組み合わせにより、手動でリソースを管理・予測する必要はなく、合理的にコンピューティングリソースの分配を実現し、余計なリソース利用を防ぎます。

安全で安定である

CLBは大禹分散式防御システム利用して、あらゆるネットワーク攻撃(DDoS、CC攻撃、Web侵入など)を防御し、トラフィック攻撃に対して秒レベルでの排除、最大限にIPがブロックされることと帯域幅が占有されることを回避します。CLBのsynproxy攻撃防御メカニズムは、大禹分散式防御システムが有効になる前に、バックエンドCVMが攻撃されて崩壊してしまう状況を防ぎ、データをより安全で安定に保護します。

低コスト

Tencent Cloud CLBを利用すると、余計なロードバランサーのハードウェアを投入する必要がなく、多くの繁雑なメンテナンス作業も避けられ、99%以上のハードウェア費用と人件費を節約できます。CLBは従量課金制を採用し、実際の使用量により料金を支払い、業務ニーズに合わせて随時Cloud Load Balancerのインスタンスをアクティブ・廃棄できます。

機能

Tencent Cloud CLBはさまざまな強力な機能を提供して、高いレベルのアプリケーション ロードバランシング機能とフォールトトレラント機能をサポートします。
マルチプロトコル転送

Cloud Load Balancer CLB はレイヤー4プロトコルリクエスト(TCP、UDPプロトコルを含む)とレイヤー7プロトコルリクエスト(HTTP、HTTPS プロトコルを含む)をサポートします。証明書集中管理システムはHTTPS プロトコルをサポートし、データ通信処理をより速く、より安全に、より信頼できるように行います。

ユースケース

専用型ケース

業務種類

  • ピークと谷が明確であり、安定性を保証しながらコストを節約する業務

ケース説明

  • 業務のピークと谷が明確であり、バックエンドリソースの弾力性(Elastic)ある制御:業務は強いリアルタイム性であり、例えば11.11、6.18などのECの大きなキャンペーン活動で、Webアクセス数は数時間内で通常より瞬間に10倍以上増加し、顧客アクセス数が多い場合は大量のバックエンドCVMを追加する必要があり、アクセス数が少ない場合は不要なCVMをバックエンドから削除する必要があります。CLBを使って業務システムに対してトラフィック分配を行い、アプリケーション外部へのサービス機能を弾力的(Elastic)に拡張し、リアルタイムでバックエンドリソースを弾力的(Elastic)に調整します。
  • 業務トラフィックのピーク値が高いため、低コストのアーキテクチャ構築が必要となる:業務 トラフィックが比較的に大きい場合、従来のハードウェアデバイスを使用してクラスターを構築すると、ハードウェアのコストが高くなり、メンテナンスが煩雑になる問題が発生します。Tencent Cloud CLBはクラウドモニタリングと併用することで、ピークトラフィックに効果的に対応でき、デプロイ コストを削減するとともに、利用者がハードウエア面のメンテナンス作業から解放され、製品機能の開発に専念できます。
分散型ケース

業務種類

  • モジュールが複雑で、静動分離が必要となる業務

ケース説明

  • 業務の静動分離、柔軟な転送:サービス請求の数が比較的に多い場合、ウエブサイトの配信処理を静的リクエストと動的リクエストを区別することにより、バックエンドの負荷を効果的に軽減できます。 その中でも、動的リクエストは、単独でCloud Load Balancerを構築することまたは関連するバックエンドサーバー クラスターを通して処理できます。静的コンテンツは、CDNサービスに接続することで、Cloud Object Storageを介して最適化することでロード速度を大幅に向上させます。

ハイブリッドクラウド ケース

業務種類

  • データ通信を必要とするウエブサイト、業務

ケース説明

  • コンテンツベースのルーティング転送、IPコンバージェンス(収束):大規模ウエブサイトは通常、百個以上の業務サブモジュールがあります。CLBは異なる転送ルールまたは転送グループを設定することにより、HTTPヘッダー情報を分析し、業務モジュールを分離してコンテンツベースのルーティング転送を実現します。 さらに、ユーザーは、第2レベルのドメイン名の代わりにカスタマイズ転送パスを使用して、DNSポーリングの回数を減らし、IPを収束して業務アクセス速度を向上させます。

料金

CLB料金には、インスタンスのレンタル料金とバックエンドサーバーCVMの帯域幅料金の2つの部分に分かれています。bill-by-CVMアカウントの場合、CLBインスタンスは従量課金制で請求され、24時間ごとに決済されます。帯域幅はCVMで購入できます。Bill-by-IPアカウントの場合、サブスクリプションと従量課金の2つの課金モードをサポートしています。料金詳細ページで具体的な料金を確認することができます。