TencentDB for MongoDB

安定、多様、安全、高パフォーマンスのドキュメント型データベースで、ユーザーの様々な業務ニーズを満たす

MongoDB概要

Tencent Cloud MongoDB(TencentDB for MongoDB)は、Tencent Cloudが世界中で人気のあるMongoDBに基づいて開発した高パフォーマンスを備えたNoSQLデータベースです。MongoDBプロトコルと100%完全に互換性があり、安定した且つ豊富な監視管理を提供できます。柔軟且つスケーラビリティや自動災害復帰の特徴を持っているため、ドキュメント型のデータベースのシナリオに適用されます。ユーザーは、Tencent MongoDBを使用すると、災害復帰システムと制御システムを自ら構築する必要がなくなります。

MongoDB概要

高パフォーマンス

超大きなメモリ、新しいPCI-E SSDストレージメディア、次世代ストレージエンジンを採用し、元のMongoカーネルを最適化し、QPSが3W+(一秒当たりのアクセス数)に達す可能のため、ユーザーが業務のピーク時に高並列リクエスト量に対応できることに役立ちます。ユーザーは高リクエスト量に応じるための複雑なバックエンドシステムを設計する必要がなく、システム開発が大幅に簡素化されます。

分散式クラスター構築

Tencentが自社開発したMongoDB分散式クラスターは、シャードキーを介して複数の物理的な機器にデータを保存し、ストレージ容量を無制限にすることを実現します。また、負荷を分散し、ほとんどの本来のプロトコルと互換性があります。ワンクリックでの作成とスケールアウトは、大規模な分散式ストレージシステムの構築効率を大幅に向上させます。

完備したデータ保障メカニズム

完璧な自動データバックアップとロスレスリカバーメカニズムを持っています。各インスタンスクラスターはデフォルトでは毎日1回バックアップされ、リアルタイムのホットスタンバイと5日のコールドバックアップデータダウンロード機能を提供するため、ユーザーは、データの紛失を心配する必要がないほかに、データの高信頼性を確保するための追加コスト投資も節約されます。Cloud Hardware Security Moduleにより、データセキュリティをマルチレイヤーにて保護します。

一体化したモニタリング

シングルインスタンス、Primaryノード、Secondaryノードなどの三次元の指標モニタリングを提供します。ディスク使用量、CPU負荷、QPSなどの専門的なデータ指標のモニタリングを提供します。可視化されたデータ操作表示は一目瞭然です。

専門的なメンテナンスサービス

ユーザーはインスタンスのデプロイ、バージョンの更新、トラブルシューティングを心配する必要がなく、クラウドデータベースの運営チームは後顧の憂いを免除してくれます。マスター・スレーブの切替、トラブルシューティングおよびデータマイグレーションはユーザーに対して完全に透過的であり、IPとPortは変更されなく、アプリケーションは安全で、IPドリフトをまったく考える必要がありません。ユーザーがメンテナンスコストを大幅に削減することに役立ちます。

Elasticスケールアウト

残りのストレージ容量が不足している場合、ユーザーは、Webでスケールアウトを行うことができます。スケールアウトプロセスはユーザーのオンラインビジネスに影響を与えなく、コンソールでワンクリックで操作するだけで完成できるため、ユーザーは基礎の詳細に注意を払う必要がなく、非常に便利です。

高度なサービス保障

ホットスタンバイ、多種の故障検出メカニズムがあり、マスターが故障した場合、サービスが数秒でスレーブに自動的に切り替えられます。ユーザーは何もする必要がなく、オンラインビジネスも影響されません。ユーザーは、サービスの高ユーザビリティを確保するためのシステムを余分に開発するが必要ありません。

カスタマイズアラーム

カスタマイズリソース閾値アラームは、ユーザーがMongoDBの実行中に発生したトラブルを把握するのに役立ちます。ユーザーが速やかにデータベースのトラブルに対応できるように、発生したトラブルをメンテナンス担当者に直ちにフィードバックします。

機能

MongoDBは高パフォーマンス、安全的、且つ安定したクラウドドキュメントデータベースサービスを提供します。インスタンスは柔軟的に拡張可能であるため、ユーザーがワンクリックでインスタンスを作成して拡張でき、非常に便利です。システムは企業レベルのモニタリングサービスを提供するため、ユーザーのビジネスの安定性と健全性を確保します。
高パフォーマンスのサービス

超大きなメモリ、新しいPCI-E SSDストレージメディア、次世代ストレージエンジンを採用し、本来のMongoカーネルを最適化し、QPSが3W+(一秒当たりのアクセス数)に達す可能のため、ユーザーが業務のピーク時に高並列リクエスト量に対応できることに役立ちます。ユーザーは高リクエスト量に応じるための複雑なバックエンドシステムを設計する必要がなく、システム開発が大幅に簡素化されます。Tencentが自社開発したMongoDBシャーディングクラスターは、シャードキーを介して複数の物理的な機器にデータを保存し、ストレージ容量を無制限にすることを実現します。また、負荷を分散し、ほとんどの本来のプロトコルと互換性があります。

ユースケース

IoT

医療機器、輸送業の車両GPSなどのようなIoT分野の端末デバイスは、TB級のデータを簡単かつ継続的に生成しています。MongoDBのマルチパートテクノロジーは、分散式データベースクラスターを構築でき、上限のないストレージ容量を実現し、オンラインスケールアウトも便利に実行できます。本来のmap-reduceアーキテクチャは、ユーザーがこれらのデータから隠された巨大な価値を掘り出すことに役立ちます。

ゲーム開発

ゲームのニーズが速やかに変化しているが、MongoDBはゲームのバックエンドデータベースに特に適されます。固定schemaがないモードはユーザーのテーブル構造を変更する苦痛を免除でき、バージョンの更新サイクルを大幅に短縮し、開発時間を60%節約してくれます。ユーザーは、MongoDBをキャッシュサーバーとして使用してホットデータを適切に設計することもできます。そのパフォーマンスは、他の一般的なキャッシュサーバーと同等であり、より豊富なクエリー方法も提供します。

リード・ライト分離

データのリアルタイム性を厳しく要求しない多くのアプリケーションに対しては、MongoDBマスターインスタンスの1つまたは複数の読取専用インスタンスを購入することでリード・ライト分離を実現することができます。読取専用インスタンスの読み取り操作により、多数の読み取りアプリケーションのニーズを満たし、メインデータベースへの負荷を軽減します。すべての書き込みリクエストはマスタノードに送信され、マスターインスタンスと読み取り専用インスタンスの間でデータ同期が自動的に実行されます。

料金

MongoDBは、従量課金モードを提供します。従量課金モードは業務ニーズが瞬時に大幅に変動したシナリオに適しています。業務の展開に大きな変動があり、正確な予測ができない場合、またはリソースの使用に一時的かつ突発の変化があった場合、従量課金モードをお勧めします。従量課金は後払いモードであり、ユーザーがドキュメントデータベースを作成する時、クラウドアカウントでの1時間のハードウェア費用がフリーズされ、時ごとに(北京時間)に一回決済が実行されます。課金時間の粒度は秒単位まで計算されます。従量制課金モードにおいて、ユーザーは事前に支払う必要がなく、MongoDBの実際使用量に対してのみ支払い必要があります。