tencent cloud

フィードバック

Windows C++

最終更新日:2022-07-07 15:09:59

    このドキュメントでは、主にTencent Cloud TRTC Demo (Windows C++)を素早く実行する方法を紹介します。

    環境要件

    • Microsoft Visual Studio 2017バージョン以上、Microsoft Visual Studio 2019の使用を推奨します。
    • QT(QT 5.14.xバージョン)開発環境をダウンロードしてインストールします。
    • .vsixプラグインファイルをダウンロードしてインストールします。公式サイトで対応するプラグインのバージョンを探してインストールすると完了できます。
    • VSを開いてツールバーからQT VS Tools -> Qt Options -> Qt Versionsをさがし、自分のQtコンパイラ msvcをadd(追加)します。
    • SDK/CPlusPlus/Win64/lib 下のすべての .dll ファイルをプロジェクトディレクトリ下の debug / release フォルダ下にコピーしてください。
      注意:

      Debug/releaseフォルダはいずれもVSの環境構成後に自動的に生成されます。32bitプログラムならば、SDK/CPlusPlus/Win64/lib下のすべての.dlldebug / release フォルダ下にコピーしてください。

    前提条件

    Tencent Cloudの登録によりアカウントを登録している。

    操作手順

    手順1:新規アプリケーションの作成

    1. TRTCコンソールにログインし、開発支援 > Demoクイックスタートを選択します。
    2. アプリケーションの作成をクリックし、TestTRTCなどのアプリケーション名を入力します。すでにアプリケーションを作成している場合、既存のアプリケーションを選択をクリックします。
    3. 実際の業務ニーズに応じてタグを追加または編集し、作成をクリックします。
      説明:


      -アプリケーション名には、数字、中国語と英語の文字、アンダーラインのみを含めることができ、15文字以内とします。
      タグはTencent Cloudのさまざまなリソースを識別して管理するために使用されます。たとえば、企業に複数の事業部門があり、各部門に1つ以上のTRTCアプリケーションがある場合、企業はTRTCアプリケーションにタグを追加することで部門情報にマークを付けることができます。タグは入力必須ではありません。実際のビジネスニーズに応じてタグを追加または編集できます。

    手順2:SDKおよびDemoソースコードをダウンロード

    1. 実際のビジネスニーズに基づき、SDKおよび付属のDemoソースコードをダウンロードします。
    2. ダウンロード完了後、ダウンロードしました。次のステップをクリックします。

    手順3:Demo プログラムファイルの設定

    1. 設定変更画面に進み、ダウンロードしたソースコードパッケージに基づき、対応する開発環境を選択します。
    2. SDKAppIDとキー情報の設定ファイルを検索して開きます。以下の通りです:
      適用可能なプラットフォーム ファイル相対パス
      Windows(C++/QT) Windows/QTDemo/src/Util/defs.h
      Windows(C++/Duilib) Windows/DuilibDemo/GenerateTestUserSig.h
    3. defs.hまたはGenerateTestUserSig.hファイルの関連するパラメータを設定します:
      • SDKAppID:デフォルトでは0です。実際のSDKAppIDを設定してください。
      • SECRETKEY:デフォルトは空文字列。実際のキー情報を設定してください。
    4. 貼り付け完了後、貼り付けました。次のステップをクリックすれば、作成が完了します。
    5. コンパイル完了後、 コンソール概要に戻る をクリックすれば終了です。
    注意:

    • ここで言及したUserSigの新規作成ソリューションでは、クライアントコードでSECRETKEYを設定します。この手法のうちSECRETKEYは逆コンパイルによって逆向きにクラッキングされやすく、キーがいったん漏洩すると、攻撃者はTencent Cloudトラフィックを盗用できるようになります。そのためこの手法は、ローカルのDemoクイックスタートおよび機能デバッグにのみ適合します
    • UserSigの正しい発行方法は、UserSigの計算コードをサーバーに統合し、Appのインターフェース向けに提供します。 UserSigが必要である場合には、Appから業務サーバーにリクエストを送信し、動的にUserSigを取得します。詳細はサーバーでのUserSig新規作成をご参照ください。

    手順4:コンパイルと実行

    QtDemo

    • 方法1:QtCreatorを使用してソースコードディレクトリ下のQTDemo\QTDemo.proプロジェクトファイルを開き、QTDemoプロジェクトをコンパイルして実行します。
    • 方法2:QT開発プラグインをインストールしたVisual Studio(VS2015以降を推奨)を起動し,メニューからQt VS Tools > Open Qt Project File(.pro)...を選択します。ソースコードディレクトリ下のQTDemo\QTDemo.proプロジェクトファイルを開き、QTDemoプロジェクトをコンパイルして実行します。

    DuilibDemo

    • Visual Studio(VS2015を推奨)を使用してソースコードディレクトリのDuilibDemo\TRTCDuilibDemo.slnプロジェクトファイルを開きます。Release/X86を選択してプラットフォームを構築することをお勧めします。Demoプロジェクトをコンパイルし実行させればOKです。

    よくあるご質問

    1. キーをクエリーするとき、パブリックキーとプライベートキーの情報しか取得できませんが、キーはどうしたら取得できますか?

    TRTC SDK 6.6バージョン(2019年08月)では、新しい署名アルゴリズムのHMAC-SHA256の使用を開始しました。それ以前に作成されたアプリケーションの場合、新しい暗号化キーを取得するために、署名アルゴリズムをアップグレードしてください。アップグレードしない場合でも、旧バージョンアルゴリズムECDSA-SHA256は引き続き使用できます。アップグレード済みであれば、必要に応じて新旧アルゴリズムを切り替えます。

    アップグレード/切替の操作:

    1. TRTCコンソールにログインします。
    2. 左側ナビゲーションバーでアプリケーション管理を選択し、ターゲットアプリケーションのある行のアプリケーション情報をクリックします。
    3. クイックマスタータブを選択して手順2 UserSigを発行するためのキーを取得エリアのここをクリックしてアップグレード非対称暗号化またはHMAC-SHA256をクリックします。
    • アップグレード
    • 旧バージョンアルゴリズムの ECDSA-SHA256に切り替えます。
    • 新バージョンアルゴリズムのHMAC-SHA256に切り替えます。

    2. 2台のデバイスで同時にDemoを実行しているのに、お互いの画面が表示されないのはなぜですか。

    2台のデバイスでDemoを実行するときは、異なるUserIDを使用していることを確認してください。TRTCでは、2台のデバイスでの同一UserID(SDKAppIDが異なる場合を除く)の同時使用をサポートしていません。

    3. ファイアウォールにはどのような制限がありますか?

    SDKがUDPプロトコルを使用してオーディオ・ビデオ伝送を行っているため、UDPをブロックするオフィスネットワークでは使用できません。類似した問題がある場合には、企業ファイアウォール制限の対応をご参照の上、問題及び原因解決にお役立てください。

    お問い合わせ

    カスタマーサービスをご提供できるため、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

    テクニカルサポート

    さらにサポートが必要な場合は、サポートチケットを送信して弊社サポートチームにお問い合わせください。24時間365日のサポートをご提供します。

    電話サポート(24 時間365日対応)